離婚の方法

4つの離婚の種類について

話合いから裁判まで

離婚するには、結婚する時よりも相当な苦労が必要であると一般的に言われています。結婚する時は、周囲のみんなに祝福されお祝い気分ですが、離婚となるとお互いに落ち込みものと思われます。他人に相談するとしても結婚の場合は、ほっといてもうまくいくのですが、離婚の相談となると周りまで暗い気分にさせてしまいます。

夫婦の話し合いで合意する事が最善だと思いますが、離婚の種類として大きく2つに分けられます。

それは協議離婚と裁判離婚です。協議離婚は、夫婦が話合って合意した場合、離婚届に必要項目を記入し押印(本籍地以外の役所に提出する場合、戸籍謄本1通が必要)したものです。裁判離婚とは家庭裁判所で離婚が成立しなかった場合、地方裁判所へ離婚訴訟を起こすことです。家庭裁判所の調停で合意に至れば調停離婚となり、合意に至らなければ審判離婚となり、さらに裁判離婚と発展するのです。

協議離婚は役所への届け出だけで終わりですが、裁判離婚の場合は裁判によって成立した調停調書謄本等の添付書類が必要になります。(添付書類等については裁判所へお尋ねください。)

離婚の種類

協議離婚

これは、夫婦間にての話し合いで決定されるもので夫婦お互いの合意に至れば離婚届けを各市町村へ提出すれば成立します。
(離婚の約9割がこの協議離婚で成立されています。)

調停離婚

夫婦間での話し合いで合意に至らない場合、家庭裁判所に入ってもらい調停にて離婚を行う事です。約0.9割の割合です。

審判離婚

(2)の調停にて離婚が成立しなかった場合、家庭裁判所の判断にて審判し、その審判に不服があった場合、2週間以内に異議申し立てを行えば無効になりますが、行わなければ審判は確定し、離婚が成立します。

裁判離婚

家庭裁判所で離婚が成立しなかった場合、地方裁判所へ離婚の訴訟を起こし、離婚判決が出た場合に離婚が成立します。

審判裁判と裁判離婚は、殆どないのが現状です。離婚の種類によっては、成立までの期間や金額など色々ありますが、精神的な苦痛も伴うと言われます。

おすすめ情報

英語圏で日常生活を送りながら英語を学びたい方にはこちらの語学留学がおすすめです。ファーストクラスの留学先はフィリピンのセブ島となっており、日本人が生活していくのに必要な生活環境は全て整っているので、学校に通いながら快適に留学生活を送ることができます。またフィリピン人の英語はネイティブに近く、プライベートでも英語に触れられ学んだことを実践することができるので、より短期間でスキルアップすることが可能です。そしてこちらでは、生徒一人一人目標や目的が違うので自分に合った内容で独自にカリキュラムを組んでいきます。自分のペースで勉強していくことによって不明瞭なまま授業が進むといった不安もありません。日本人の性質を理解している講師陣がマンツーマンで授業をしてくれるので、わからない部分もすぐに解決することができます。

セブ島英語留学ならファーストクラス